映画『ふしぎの国のアリス』の歌や曲について:代表曲一覧・作曲者情報なども

アリスLD

映画『ふしぎの国のアリス(Alice in Wonderland)』は1951年に公開されました。

原作は小説、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」です。ウォルト・ディズニーは1920年代から関心を持っており、短編映画作品『アリス・コメディー』という映像作品を制作しています。

物語はある日、アリスは懐中時計を持ったうさぎを見掛け、追いかけることに夢中になっていたところ、不思議の国へと続く穴に落ちてしまいます。こうしてふしぎの国への旅が始まります。

音楽データ

主な音楽担当

  • サミー・フェイン(Sammy Fain)
  • オリヴァー・ウォーレス(Oliver Wallace)

主に作曲を担当したのはこの2人です。サミーフェインは主題歌と挿入歌、オリヴァー・ウォーレスは挿入歌、スコア全般を担当しました。

代表曲

  • 不思議の国のアリス(Alice In Wonderland)』:サミー・フェイン
  • 「時間におくれた(I’m Late)」:サミーフェイン
  • 「ゴールデン・アフタヌーン(All In The Golden Afternoon)」:サミーフェイン
  • 「お誕生日じゃない日のうた(The Unbirthday Song)」:マックデイヴィッド他

ディズニーランドでも耳をすませば聞こえてくる楽曲ですね。

本作品は主題歌をサミー・フェインが担当しています。サミー・フェインは『ピーター・パン』『眠れる森の美女』『ビアンカの大冒険』も担当しました。

『ふしぎの国のアリス』と音楽

複数のシーンでそれぞれの音楽

本作品は複数のシーン・エピソードがあります。

うさぎを追いかけるところから始まり、小さなドアがある部屋、トゥイードル・ディーとトゥイードル・ダムとの出会い、しゃべるお花たち、マッドハッター、ハートの女王…と個性豊かなキャラクターとふれあうシーンがたくさんあります。

それに伴い、個性豊かで多様な楽曲が作られています。

不思議な世界観

この映画は“ふしぎの国”とだけあって不思議でヘンテコな雰囲気、またはミステリアスであると思います。音楽もそうですが、セリフや歌詞もまた特徴的であるのではないでしょうか。

制作の際に40曲以上の曲を用意し、多くが原作者のルイス・キャロルの書き下ろしたものだったそうですが、公開されたものでキャロルが作詞したものとなっているのは4曲程度だそうです。

物語のセリフもそうですが、不思議な世界観を象徴しているシーンの一つとして「お誕生日じゃない日のうた」があります。

お誕生日じゃない日である1年に364日ある日について歌っているシーンです。それを祝う帽子屋と白いうさぎの存在も個性的と言えるでしょう。

そんな「お誕生日じゃない日のうた」の作詞・作曲をしたのは、今作品を担当していたスタッフではなく、前作『シンデレラ』の制作に携わっていたソングライティングチームだったそうです。

制作当時、楽曲のアイデアが浮かばなくなってしまったため、そのソングライティングチームを訪ねました。その作曲家たちはマック・デイヴィッド(Mack David)、アル・ホフマン(Al Hoffman)、ジェリー・リヴィングストン(Jerry Livingston)です。この楽曲ができて、お誕生日じゃない日を祝うお茶会はマッド・ハッターにぴったりであると採用に至りました。

ディズニーランドでアリスの世界へ

ディズニー映画『ふしぎの国のアリス』の世界を感じれる場所といえば、デイズニーランドです。

ディズニーランドの「クイーン・オブ・ハートのバンケット・ホール」ではアリスの世界をイメージした料理やデザートなど豊富なメニューがたくさんあります。

また、レストランもアリスをイメージした仕様となっていたり、BGMもアリスの楽曲が使用されています。

ぜひ雰囲気を味わってみてください。

スポンサーリンク