東京ディズニーランド

【楽曲情報】『ドリーミング・アップ!( Dreaming Up!)』の音楽や作曲者を紹介!公演内容についても!

東京ディズニーランド
スポンサーリンク

『ドリーミング・アップ!(Dreaming Up!)』は東京ディズニーランドで公演しているパレードです。
35周年のアニバーサリーイベント『東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”』を記念したパレードで、2018年4月15日より始まりました。
『ドリーミング・アップ!』は『ハピネス・イズ・ヒア』に続く昼のパレードとなっていますが、音楽や楽曲のアレンジは『ハピネス・イズ・ヒア』よりもエレクトロな印象を受けます。
35周年を記念してより進化していくパレードの躍動感が感じられるパレードです。

今回はそんな『ドリーミング・アップ!』の音楽について書きます。

スポンサーリンク

パレード概要

  • 公演期間:2018年4月15日〜
  • 公演場所:東京ディズニーランド パレードルート
  • 公演時間:約45分
  • フロート:13台

2020年2月29日から2021年4月18日まで新型コロナウイルス感染症の影響で休演となっていましたが、2021年4月19日に再開しました。
再開後は出演者数やフロート等公演内容が調整されているようです。

楽曲構成(使用音楽・作品・映画)

メインテーマ『ドリーミング・アップ!』の作曲は各国のディズニーパークの楽曲や『ディセンダント』の楽曲などの楽曲を手掛けているアンディ・ドット(Andy Dodd)とグラミー賞の受賞を経験しているアメリカのシンガーソングライター兼ボーカルプロデューサーのデウェイン・ホイットモア・ジュニア(Dewain Whitmore Jr.)とクレジットがありました。
『ドリーミング・アップ!』はエレクトロポップな印象もあり、アンディ・ドットやデウェイン・ホイットモア・ジュニアの楽曲を聴くとなんとなく彼らの音楽性が詰まっているようにも感じます。
『ドリーミング・アップ!』の楽曲構成をメインテーマと曲及びフロートごとに紹介します。

メインテーマ

曲名楽曲担当(作曲者・作詞者)
1ドリーミング・アップ!
  • アンディ・ドット(Andy Dodd)
  • デウェイン・ホイットモア・ジュニア(Dewain Whitmore Jr.)

夢の世界への入り口

曲名楽曲担当(作曲者・作詞者など)作品(映画)タイトル
1ホール・ニュー・ワールド (A Whole New World)
  • アラン・メンケン(Alan Menken)
アラジン(Aladdin)
2ブラズル・ダズル・デイ(Brazzle Dazzle Day)
  • アル・カシャ(Al Kasha)
  • ジョエル・ハーシュホーン(Joel Hirshhoorn)
ピートとドラゴン(Pete’s Dragon)
3ジッパ・ディー・ドゥー・ダー(Zip-A-Dee-Doo-Dah)
  • アリー・リューベル(Allie Wrubel)
  • レイ・ギルバート(RayGilbert)
南部の唄

笑顔があふれる楽しい夢の世界

曲名楽曲担当(作曲者・作詞者など)作品(映画)タイトル
1ふしぎの国のアリス(Alice In Wonderland)
  • サミー・フェイン(Sammy Fain)
ふしぎの国のアリス(Alice in Wonderland)
2時間に遅れた(I’m Late)
  • サミー・フェイン(Sammy Fain)Hirshhoorn)
ふしぎの国のアリス(Alice in Wonderland)
3お誕生日じゃない日のうた(The Unbirthday Song)
  • マック・デイヴィッド(Mack David)
  • アル・ホフマン(Al Hoffman)
  • ジェリー・リヴィングストン(Jerry Livingston)
ふしぎの国のアリス(Alice in Wonderland)
4カードの大行進(March of the Cards)
  • サミー・フェイン(Sammy Fain)Hirshhoorn)
  • ボブ・ヒリアード(Bob Hilliard)
ふしぎの国のアリス(Alice in Wonderland)
5ハイ・ディドゥル・ディー・ディー(Hi-Diddle-Dee-Dee)
  • ネッド・ワシントン(Ned Washington)
  • リー・ハーライン(Leigh Harline)
  • ポール・J・スミス(Paul J. Smith)
ピノキオ(Pinocchio)
6もう糸はいらない(I’ve Got No Strings)
  • ネッド・ワシントン(Ned Washington)
  • リー・ハーライン(Leigh Harline)
  • ポール・J・スミス(Paul J. Smith)
ピノキオ(Pinocchio)
7困ったときには口笛を(Give a little Whistle)
  • ネッド・ワシントン(Ned Washington)
  • リー・ハーライン(Leigh Harline)
  • ポール・J・スミス(Paul J. Smith)
ピノキオ(Pinocchio)

ロマンティックな夢の世界

曲名楽曲担当(作曲者・作詞者など)作品(映画)タイトル
1いつか夢で(Once upon a Dream)
  • サミー・フェイン(Sammy Fain)
  • Jack Lawrence(ジャック・ローレンス)
眠れる森の美女(Sleeping Beauty)
2夢はひそかに(A Dream Is a Wish Your Heart Makes)
  • マック・デイヴィッド(Mack David)
  • アル・ホフマン(Al Hoffman)
  • ジェリー・リヴィングストン(Jerry Livingston)
シンデレラ(Cinderella)
3輝く未来(I See the Light)
  • アラン・メンケン(Alan Menken)
  • 作詞:グレン・スレイター(Glenn Slater)
塔の上のラプンツェル(Tangled)
4いつか王子様が (Some day My prince will come)
  • フランク・チャーチル(Frank Churchill)
  • ラリー・モーリー(Larry Morey)
白雪姫(Snow White and the Seven Dwarfs)

不思議な夢の世界

曲名楽曲担当(作曲者・作詞者など)作品(映画)タイトル
1朝の風景(Belle)
  • アラン・メンケン(Alan Menken)
  • ハワード・アシュマン(Howard Ashman)
美女と野獣(Beauty and the Beast)
2ひとりぼっちの晩餐会(Be Our Guest)
  • アラン・メンケン(Alan Menken)
  • ハワード・アシュマン(Howard Ashman)
美女と野獣(Beauty and the Beast)
3愛の芽生え(Something There)
  • アラン・メンケン(Alan Menken)
  • ハワード・アシュマン(Howard Ashman)
美女と野獣(Beauty and the Beast)
4ズオウとヒイタチ(Heffalumps And Woozles)
  • ロバート・シャーマン(Robert B. Sherman)
  • リチャード・シャーマン(Richard M. Sherman)
くまのプーさん

永遠に続く夢の世界

曲名楽曲担当(作曲者・作詞者など)作品(映画)タイトル
1ファースト・フライト(First Flight)
  • ヘンリー・ジャックマン(Henry Pryce Jackman)
ベイマックス(Big Hero 6)
2きみもとべるよ!(You Can Fly!)
  • サミー・フェイン(Sammy Fain)
ピーター・パン(Peter Pan)
3タコをあげよう(Let’s Go Fly a Kite)
  • ロバート・シャーマン(Robert B. Sherman)
  • リチャード・チャーマン(Richard M. Sherman)
メリー・ポピンズ(Mary Poppins)

35周年グランドフィナーレバージョンも

2019年1月11日から3月25日は35周年のグランドフィナーレバージョンとしてフロートが一時停止し、TDR35周年のテーマソング「Brand
New Day」が使用されたバージョンとなっていました。

今までのパレードと違う雰囲気の楽曲?

『ドリーミング・アップ!』はこれまでの昼のパレード『ジュビレーション!』や『ハピネス・イズ・ヒア』と雰囲気がちょっと違うようにも感じます。

楽曲がかなりEDM、エレクトロダンスミュージック調にかなり寄ってきて現代風なサウンドにアレンジされています。

フロートが通る前からスピーカーからは低音が効いたサウンドで躍動感を誘い、ゲストをノリノリにしてくれます。

ビートもこれまでのパレードでは比較的アコースティックのドラムやパーカッションが使用されている印象でしたが、エレクトロなサウンドが目立ったビードとなっています。

このビートがはっきり響くことによってよりダンサブルな楽曲へと印象づけてくれるようです。

『ドリーミング・アップ!』の曲のコンセプトにも「アップ」にふさわしい「躍動感」を含ませているようで、楽曲にぴったりなサウンド作りがされていると感じました。

また、ビートに限らずシンセサイザーのエフェクトがかかったようなボーカルや、ケロケロボイスなどエレクトロな要素がたくさん含まれているようにも感じます。

こうした楽曲の雰囲気からも『ジュビレーション!』や『ハピネス・イズ・ヒア』と比較して現代風なエレクトロなサウンドでゲストがわくわくできるようなパレードになっています。

35周年を記念した『ドリーミング・アップ!』はフロートも進化し、パレードや音楽を通してゲストパークの進化も含めて伝えてくれているようにも感じますね。

この記事を書いた人

ディズニー音楽が好きです。
普段WEB制作や運用やってます。音楽も作ったり演奏するのも趣味です。
中の人の情報整理中です。

Disney Music Labをフォローする
スポンサーリンク
Disney Music Lab -ディズニー音楽研究所-

Find an Article

タイトルとURLをコピーしました