実写版『ライオン・キング』の歌や曲について:代表曲一覧・作曲者情報なども

実写版ライオンキング

実写版『ライオン・キング(The Lion King)』は2019年7月19日アメリカで公開され、日本では2019年8月9日に公開されます。

1994年アニメーション映画『ライオン・キング』のリメイク作品となっています。

アニメーション版については公開時の反響が大きかったこともあり、世界中で愛された作品となっています。

その名作を最先端のCGI技術で構築し、壮大な世界を描くこの作品をより豊かに彩っとくれそうです。

音楽については1994年のアニメーション版でも素晴らしい名曲を手がけたエルトン・ジョンやハンス・ジマーなどが継続して制作に参加しています。

それに加えて、ドナルド・グローヴァー(Donald Glover)とビヨンセ(Beyoncé)による楽曲も追加されています。

自然界を壮大なスケールで描いた作品の音楽は長い時を経て、より豪華でよりノスタルジックなサウンドとなってまた多くの観客を魅了してくれることでしょう。

音楽データ

主な音楽担当

  • 作曲(主に挿入歌):エルトン・ジョン(Elton John)
  • 作詞:ティム・ライス(Tim Rice)
  • 作曲(スコア):ハンス・ジマー(Hans Zimmer)
  • 作曲:レボ・M(LEBO M)

今回の実写化においても、アニメーション版の音楽を担当した音楽家が続投という形をとっています。

使用される歌についてはアニメーション版の歌に加え何曲か新曲が使われています。

スコアについてもアニメーション版の音楽を手がけたハンス・ジマーが作曲しており、ほとんどすべて新たに書き下ろしたものかと思われます。

代表曲

  • 「サークル・オブ・ライフ/ナー・イゴンニャマ(Circle Of Life / Nants’ Ingonyama)」
  • 「王様になるのが待ちきれない(I Just Can’t Wait To Be King)」
  • 「準備をしておけ 2019(Be Prepared)」
  • 「ハクナ・マタタ(Hakuna Matata)」
  • 「愛を感じて(Can You Feel the Love Tonight)」
  • 「ライオンは寝ている(The Lion Sleeps Tonight)」(新曲)
  • 「スピリット(Spirit)」(新曲)
  • 「ネバー・トゥー・レイト(Never Too Late)」(新曲)
  • 「ヒー・リブズ・イン・ユー(He Lives in You)」(新曲)
  • 「ムブーベ(Mbube)」(新曲)

歌のある楽曲については5曲程追加されました。

かつてアニメーション版の音楽を担ったロック・スター:エルトン・ジョンと数々の名曲を残した作詞家:ティム・ライスのコンビの名曲はドナルド・グローヴァーやビヨンセ・ノウルズ=カーターをはじめとする豪華アーティストの歌唱で新たに録音されました。

「ネバー・トゥー・レイト」はこの伝説のコンビによって書き下ろされた楽曲でエルトン・ジョンが歌うエンドソングとして使用されます。

知っておきたいディズニーソング!実写版『ライオン・キング』の曲

サークル・オブ・ライフ/ナー・イゴンニャマ

ハンス・ジマーと南アフリカ出身の作曲家:歌手のレボ・Mらによる楽曲が進化して収録されています。

ズールー語から始まるこの楽曲が非常に印象的で、オープニングとしても壮大な自然界を表現するのにぴったりの楽曲です。

作曲やコーラスを担当するレボ・Mは南アフリカのスウェットで生まれ、ズールー族からジャズ、レゲエなどの音楽を学んでいるので、この作品の世界観を非常に効果的に再現できるのだと思います。

王様になるのが待ちきれない

幼少期のシンバ役:JD・マクラリー、幼少期のナラ役:シャハディ・ライト・ジョセフ、ザズー役:ジョン・オリヴァーによる楽曲です。アニメーション版と同じく王様を夢見るシンバの姿が描かれます。

準備をしておけ 2019

スカー役のキウェテル・イジョフォーによる楽曲です。アニメーション版に続き悪役のテーマソングとしても印象的です。

ハクナ・マタタ

ティモン役:ビリー・アイクナーとプンバァ役:セス・ローゲンによる楽曲です。

こちらもアニメーション版のアレンジになります。

愛を感じて

『ライオン・キング』を代表する楽曲としても有名な曲です。実写版でも使用され、作曲:エルトン・ジョン作詞:ティム・ライスによる名曲をシンバ役:ドナルド・グローヴァーやナラ役:ビヨンセ・ノウルズ=カーターという豪華なアーティストによって表現されます。

ライオンは寝ている

ティモンとプンバァが歌うコミカルなナンバーです。可愛らしい歌ですね。

英語の楽曲名が「The Lion Sleeps Tonight」で、愛を感じての「Can You Feel the Love Tonight」の「Tonight」とで何かをかけているのでしょうか、、、

スピリット

シンバの幼なじみナラ役:ビヨンセによる楽曲です。

今回新たに収録され、作品内におけるナラの感情にスポットを当てた楽曲になるのでしょうか。

ヒロインのテーマソングが追加されるのは実写版『アラジン』でもありましたね。

ネバー・トゥー・レイト

エンドソングとして新たに使用される楽曲です。こちらはエルトン・ジョンが作曲と歌を他担当しています。

アニメーション版のエンドソングで歌ったように今回もエルトン・ジョン本人が楽曲の歌います。ロックなどポピュラーミュージックのアーティストとして力強い音楽を届けてくれます。

今回もハンス・ジマーによるスコアに注目したい!

ディズニーシー ケープコッド

アニメーション版『ライオン・キング』のサントラの売り上げは当時世界一を記録したこともあり、非常に反響が大きかったといえます。

エルトン・ジョンという当時のロック・スターを起用したことも話題となったことから、反響呼んだとも考えられますが、スコア全般を担当したハンス・ジマーによる作品の世界観をノスタルジックに表現し、多くの人々を壮大な自然に引き込んだことも大きく影響しているかと思います。

今回の実写版のスコアについても聴いていて心震えるサウンドで表現されており、より壮大な自然を感じれることと思います。

また、アニメーション版からハンス・ジマーとともに作曲にも携わったレボ・Mによる楽曲も収録されているようです。

本場の音楽を経験した彼の音楽もまた作品の世界観をよりダイレクトに感じとれるような表現で魅了します。

スポンサーリンク